ソフトバンクユーザーなら最大10%還元 お買い物ならyahooショッピング
0と5のつく日はポイント5倍 お買い物なら楽天市場

【年齢別】おもちゃの選び方

年齢別のおもちゃはどうやって選べばいいでしょうか?

 

子供って成長が早いですよね。

 

赤ちゃんが産まれてきて、保育園に入れて、幼稚園に入れて、もしくはこども園に入れて。

 

子供はすぐに大きくなります。

 

こどものおもちゃを買ったと思ったら大きくなってすぐに使えなくなる。

 

せっかく一生懸命こどものために働いて手に入れた大切なお金で買ったこどものおもちゃ。

 

捨てるにはもったいないです。

 

でも、赤ちゃんのおもちゃを保育園、幼稚園に行った後も使い続けるのは子供の成長のためにも良くないですよね。

 

そして、保育園、幼稚園に入園し、進級していくとどんどんその時々に必要なおもちゃが変わっていき、気づいたら部屋はおもちゃだらけってことになってしまいます。

 

近くの保育園や託児所に寄付するという手もありますが、たった数ヶ月使うだけのおもちゃや買ったけれども子供が見向きもしないおもちゃ。

 

もったいないですよね。

 

では、もし年齢別の子供用おもちゃのサブスクリプションサービスがあるとしたらいかがでしょうか?

 

おもちゃのサブクリプションサービスでは年齢別に合ったおもちゃを保育士が選び、洗浄した状態で送ってもらえます。

 

基本プランの場合は、月々税抜3,100円の価格で15,000円相当分のおもちゃが届きます。

 

対象年齢も0~6歳とちょうど学習用おもちゃが必要な年齢に合わせて送ってもらえます。

 

また、2ヶ月ごとにおもちゃを交換することが可能なので、子供の成長状況に合わせてその時に子供に必要なおもちゃを送ってもらえます。

 

おもちゃによっては子供が遊ばないおもちゃもあるでしょう。

 

しかし、おもちゃのサブスクを使えば1日103円でおもちゃが使えます。

 

送られてきたおもちゃに子供の気に入ったものがあれば、普通におもちゃを買うよりずっと安くおもちゃを使うことができます。

 

また、子供は成長が早いです。

 

0~1歳児であれば、まだ自分のしたいことができない状態にあるので、自分のできる範囲で自分が動いたことによって音がなるおもちゃや、上手く物を掴むことができない中で掴むことができるおもちゃをサブスクで送ってもらえます。

 

1~2歳児であれば、徐々にできることが増えていき、おままごとをしたり、積み木やブロック遊びを楽しむようになります。

 

これらは場所をとるおもちゃであり、一度買ったら使わなくなった時に押し入れのスペースを取ります。

 

サブスクでしたら子供が成長しておままごとやブロック遊びをしなくなったら引き取ってもらえるため、場所をとりません。

 

2~4歳児であれば、自分で話をすることができるようになり、大人も子供の話している内容が分かり始めます。

 

話だけでなく自分で手を洗ったり、トイレに行ったりということもできます。

 

上にお兄ちゃん、お姉ちゃんがいるとかなり成長が早いように見え、能動的に動こうとする元気な子だとサッカーやボール遊びなどを楽しみます。

 

女の子の場合はより本格的なおままごとをしたがるようになります。

 

また、積み木遊びについても1~2歳の時に比べより高度な積み木、ブロック遊びをしたくなります。

 

おもちゃサブスクでは2~4歳児の活発な子供も楽しめるおもちゃを同じ金額で送ってもらえます。

 

4~6歳向けのおもちゃになると、小学校就学前ということもあり、小学校で習うプログラミングなどを先取りできるおもちゃを送ってもらえます。

 

おもちゃサブスクのおもちゃを使って小学校の勉強を先取りするのもいいかもしれません。

 

もちろん学習終了後は引き取ってもらえるため、かさの高いおもちゃを自宅の押し入れに入れる必要はありません。室内もスッキリして、掃除をせずに小学校に入ることができます。

 

 

おもちゃサブスク、こどもの教育にいいですよ。

 

おすすめの記事